脂肪肝 サプリ

脂肪肝とアルコールの関係

肝臓は人間の身体の中で一番大きな臓器で、幅広い働きを休む暇なく行っています。
肝臓の主な働きは「代謝」「解毒」「排泄」「貯蔵」の4つです。

 

人間が食べたものを胃腸によって吸収され、吸収された栄養素は、肝臓によって分解、合成されます。
そしてまた体内の各器官に送り出されます。
まるで化学工場のような働きを行う臓器です。
私たちが添加物などの有毒なものを食しても化学作用によって代謝したものを無毒化し
体内に送り出す機能があるのです。

 

アルコールも同じく私たちの口から入ると、分解酵素によって解毒されますが、
こうした働きを正常に行える範囲は人それぞれに個人差があり、アルコールの摂取量が同じだったとしても
アルコール分解できるだけの酵素をどれだけ持っているかによって違ってきます。

 

もちろん容量オーバーになれば体に悪影響を及ぼし、肝臓には中性脂肪が溜まり脂肪肝になって
しまいます。

 

それにも関わらず飲み続けると、肝臓では分解しきれなくなったコレステロールや中性脂肪が血液をぐるぐると回り始めます。
血液の中を常に大量の脂質が流れていることで動脈硬化などの生活習慣を引き起こす原因になってしまうのです。

 

肝臓はアルコールだけでなく、油分も分解しなくてはなりません。
ですからアルコールの飲みすぎに加え脂質の取りすぎは肝臓に脂肪がたまる脂肪肝を生み出すのです。