脂肪肝 サプリ

肝臓の検査方法

近年では、血液検査でさまざまな病気を見つけることができるようになってきました。
肝機能が低下していないのかを調べる方法は、
主にALT値、AST値、rーGTP値を検査することでわかります。
血液中に含まれるALT、ASTは、肝臓の細胞に多く含まれるもので、
細胞が壊れた時に血液中の中に出てくる酵素なのです。
肝臓数値高い状態だと(ALT値/AST値)、肝臓の細胞が壊れていることになり、
肝機能が低下しているサインになります。

 

ALT値よりAST値の方が高い場合は肝硬変や肝がんが疑われ、
AST値よりALT値の方が高い場合は、慢性肝炎が疑われ、詳しい検査が必要となります。
rーGTP値はアルコール性の肝機能障害を調べるための値で、
アルコールを毎日たくさん摂取する人はこのrーGTP値が高くなります。

 

また、食べ物の消化に必要な物質である胆汁の流れが悪くなると
rーGTP値が上がってしまいます。
血液検査正常値かどうかを調べ、どこかに異常が見られる場合は、
病気が進行してしまう前に速やかに詳しい検査を受けるようにしましょう。