脂肪肝 サプリ

肝臓機能検査の種類

人間ドックや健康診断で行う血液検査でAST(GOT)やALT(GPT)やγーGTPの数値が
正常範囲を超えた場合、精密検査となる事があります。

 

肝機能検査は、ASTやALTの数値で判断する以外にも色々あります。
肝細胞がどの程度破壊されているかを調べる検査にAST、ALT、LDHが、
肝臓での物質合成機能を調べる検査にアルブミンやコリンエステラーゼ、
総コレステロールの数値が判断基準になります。

 

また肝臓は血小板をつくる働きも担っているので、
血小板の数値で肝臓の状態を確認することもできます。
さらに肝臓の線維化の度合いを調べるγーグロブリや
胆汁のうつ滞状態を調べるALPやγーGTPなどもあり、
必要に応じて再度採血をして追加検査を行います。

 

それ以外に、肝臓での解毒機能が正常かを調べるために、
色素を静脈注射してその後反対側の腕から採血するICG試験などがあります。
また、腹部エコーやCTで肝臓の状態を見たり、心電図検査でASTやALTの上昇がある場合、
肝臓機能以外の疾患も考えられますのでさらに検査することもあります。