脂肪肝 サプリ

健康診断での肝臓の数値の見方

健康診断で肝臓の状態を知るためには、血液検査を行います。
ALT(GPT) とAST(GOT)は、壊れている肝細胞の値です。
どちらも30 IU/L以下が適正、31 IU/L以上であれば、肝臓が何かしらの障害を受けています。

 

細胞内で生産される酵素で、体内でのアミノ酸代謝やエネルギー代謝など体にとって重要な働きをしています。
さまざまな臓器に含まれている酵素ですが、主に肝細胞に存在し、
何らかの原因で肝細胞が破壊され血中濃度が高くなります。

 

γ-GTPは男性では50 IU/L以下が適正,51 IU/L以上は異常、
女性では30 IU/L以下が適正、31 IU/L以上は異常で肝機能異常の可能性があります。
γ-GTPは肝臓・腎臓などで生産される酵素でたんぱく質の合成・分解の働きを行います。
アルコールに反応しやすく、その他一部の薬の長期使用、肥満が原因で大量に生産されること、
肝細胞が破壊されることでγ-GTPの血中濃度が高くなります。

 

血小板の数値によっても肝臓の状態が確認でき、14万〜34万 /μLが適正、
14万 /μL未満であれば肝臓の線維化される可能性があります。
肝炎や肝硬変などで線維化が進行すると、血小板の作られる数が減少し、
また血流が滞ることで血小板が破壊されて数値が低くなります。